HOME・TOP > どもり・知識 > どもりの種類について!

どもりの種類について!


最新の脳科学に基づいたまったく新しい吃音(どもり)改善法を公開!

どもりを改善したい方はコチラをご覧ください!>>

 


こちらでは、どもりの種類について考えてみたいと思います。

どもりの症状で悩んでいるのであれば、自分のどもりは
どの種類なのかをしっかり把握しておく必要があります。


どもりの種類について!

どもりにも実は種類があります。

主に以下の4つのタイプに分けることが出来ます。

・連発性

・伸発性

・難発性

・中阻性


この4つです。


先ず、連発性ですが、これは、その名からも分かるように、
同じ発音を連発してしまう症状になります。


おそらく多くの人がどもりに対して想像しているイメージは
この連発性のどもりなのですが、これは代表的ですね。

それに対して、あまり周囲に吃音症だと判りづらいのが伸発性の吃音です。

この伸発性とは、発音がおかしく、言葉の始まりが伸びるような
感じ
になるのですが、それを上手に話し方の癖のように見せている人も
多いようです。

続いて、難発性のどもりですが、これは話しかけられても
すぐに返事が出来ないような状態で、最初の言葉がなかなか出てこない症状
です。

ですので、会話の間が空いてしまうような感じになるんですね。

難発性の場合では、自分がどもりだと判ってもらえず、
挨拶が出来ないとか意思表示が出来ないと言った印象をもたれてしまうので、
コミュニケーションが上手くいかない為に悩む方も多いです。

最後の中阻性のどもりですが、これは会話している時に、
突然言葉が途切れてしまう、声が出なくなると言ったような症状です。


話をしている時や、文章を読んでいる時などに、
頭の中で「言葉が出なくなったらどうしよう」などの不安を
感じた時にこの状態になります。

ただ、あまりにも本人が「どもりにならないように」と意識して
プレッシャーを感じていると、2つのどもりの症状が重なって
出てきたりと言う場合もあるようです。

もちろん、周りの人がどもりの苦しみを理解して、
出来るだけリラックス出来る状態で話をさせてあげられれば、
少しずつ症状も改善するかもしれませんが、
社会生活の中では難しいことかもしれません。

このようにどもりの種類ですが、4つのタイプに分けることが出来るので、
あなたのどもりがどのタイプなのかをしっかり把握しておきましょう。