HOME・TOP > どもり・知識 > 子供と大人、どもりの違いについて!

子供と大人、どもりの違いについて!


最新の脳科学に基づいたまったく新しい吃音(どもり)改善法を公開!

どもりを改善したい方はコチラをご覧ください!>>

 


もし、我が子がどもりの場合どのように対処すればいいか?

また、子供と大人のどもりでは何が違うのか?

こちらで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。


子供と大人、どもりの違いについて!

大人でも子どもでも、どもっている人を見たことはあると思います。

どちらも同じように見えるかもしれませんが、
実は、大人の吃音症と子供のどもりには違いがあるんです。

正確に言えば、実際は年齢に関係なく、
吃音症は人それぞれ全然違うものになり、
特に子供と大人では大きく分類されています。

先ず、大人のどもりと子供のどもりでは、その原因が異なります。

子供の場合には、周りにどもりの人がいたり、
聴覚に問題があって吃音症を発症していたりすることが多いです。

その一方、大人の場合ですが、これはストレスや極度の緊張状態から発症し、
人前でどもることに対する不安や恥ずかしさなどから、
更に悪化する場合が殆どでしょう。


当然ですが、どもりの原因がこれらだけと言う訳ではありません。

しかし、一般的にはそういう傾向があると言うことなんです。

特に幼児の場合では、自分がどもっていることを自覚してない事も多く、
このような場合は比較的矯正が簡単だと言われています。

また、どもりの原因が、脳や聴覚などの肉体的な問題にあるような場合は、
それらを治療する必要があるのは言うまでもありませんね。

それでも、どもりが自覚前であれば、心因的な要素が入っていないので、
比較的矯正しやすいのです。

その逆に、一度自覚してしまうと、心因的要素が増えるので、
悪化する傾向にあります。

ですので、子供の吃音症の場合には、
周りがあまり騒がないようにすることが大切です。


本人が自覚していないようなら尚更です。

もちろん、大人のどもりでは、
本人が自覚していないと言うことはありえませんよね。

どもりを自覚しているからこそ、
吃音を回避する為の回避行動が見られるようになるんです。

もし、自分の子供がどもって喋っているようなら、
あまり神経質にならないで、しばらく様子をみてください。

しばらく放っておくと自然と治る場合がほとんどだと思います。