HOME・TOP > どもり・知識 > 電話でどもりにならない為には?

電話でどもりにならない為には?


最新の脳科学に基づいたまったく新しい吃音(どもり)改善法を公開!

どもりを改善したい方はコチラをご覧ください!>>

 


どもりの悩みと言うのは、その本人でなくてはわかりませんが、
特に困ってしまうのに電話がありますよね。

職場で電話に出なくていけない場合などありますが、
どのように対処すればいいのでしょうか?


こちらで解説していますので参考にしてみてください。


電話でどもりにならない為には?

電話でどもりが出ない為の工夫は色々と考えられるのですが、
最も大切な事は、やはりリラックス出来る状態を作ることでしょう。

それには、どもりが出てもかまわないと思うぐらいの開き直りも必要です。

ちなみに多くの吃音者が苦労するのが・・・

・最初の挨拶

・自分の会社名や名前を言う

・呼び出してもらう相手の名前を言う


これらがあります。

これはどもり対策の1つである、言い換えをすることが難しいからです。

なので、このような時には・・・

・ちょっとした自分が言いやすい枕詞をつける

・少しタイミングを取るために「えー」「あのー」などの言葉をつける

・紙に書きながら言う

・身体でタイミングを取りながら言う


こう言った工夫をしている人も多いようです。

ちなみに、会社で電話オペレーターの部署に配属されて、
その仕事をこなしているうちに慣れて、どもりが克服できたと言う人もいます。

ですので、場数を踏むと言うことはとても有効な改善策と言っていいでしょう。

他にも、トレーニング施設だったり知人に頼むなどして、
日頃から練習して訓練してみるのもいいと思います。

ただ、最終的に電話で大切なのは話の内容です。

電話の要件さえ伝わっていれば、多少どもりがあろうとなかろうと、
相手はそれほど気にしていないものです。

どもってもいいや、くらいの気持ちで落ち着いて話せば、
あなたが思っているほど、事は深刻ではないかもしれませんよ。

どうしても、どもりが気になるのであれば、やはり訓練するしかありません。

電話に限らずあらゆるシチュエーションで試して慣れることが大事です。