HOME・TOP > どもり・治療 > 呼吸法でどもりを改善させる!

呼吸法でどもりを改善させる!


最新の脳科学に基づいたまったく新しい吃音(どもり)改善法を公開!

どもりを改善したい方はコチラをご覧ください!>>

 


どもりを改善させたい場合、今では、様々な方法があるわけですが、
今回は、誰でもできる方法を紹介したいと思います。

その方法とは、呼吸法です。

どんな呼吸をすれば、どもりが改善されるのか?

こちらで詳しく説明していますので、ぜひマスターして実践してみてください。


呼吸法でどもりを改善させる!

人間が生きて行く上で当たり前のように行っている、
「吸う」、「吐く」と言った行為が呼吸です。

この呼吸のやり方次第で、どもりの症状が改善されてしまうなんて、
信じられない人もいるでしょう。

しかし、意識して呼吸を行うようにすれば、
どもりに大変効果があると言われているのですね。

例えば、ヨガがありますが、このヨガってとても深いリラクゼーション効果が
期待出来る事でも有名なのですが、その理由の1つにヨガの呼吸法があるんです。

どんな呼吸かと言うと、腹式呼吸です。

人間が普段、行っている呼吸と言うのは胸式呼吸になるのですが、
胸式呼吸の場合ですと心身を緊張させる交感神経を刺激してしまうので、
リラックス出来ない状態となります。

それで腹式呼吸を行うと、肩や胸等が自然に押し上げられて、
横隔膜の下にある副交感神経を刺激し、精神を落ち着かせ、
リラックスさせる事が可能になります。


どもりの症状では、極度の緊張状態により、より酷くなると言われていますよね。

なので、胸式呼吸を行っていると、焦れば焦る程、
呼吸が浅くなり、交感神経がより刺激され緊張が増していきます。

そこで、神経のリラックス効果が期待出来る腹式呼吸をマスターすれば、
緊張する事なく人と話せるようになっていくんです。

ですので、人前で話をする前など、ゆっくりと腹式呼吸をしてみてください。

特に難しいことではありませんので、自宅や外出先でもどこでも出来ますので、
どもりの症状を改善させる為に腹式呼吸を実践してみましょう。